読み書きプログラミング

日常のプログラミングで気づいたことを綴っています

コンピュータ碁

AlphaGo Zeroの研究開発に使われたリソースを見積もってみる

表題の中身 追記 AlphaGoの開発者のお一人Aja Huangさんのプレゼンテーションによると、2000TPUを使って自己対局を行ったようです。 sports.sina.com.cn 記事にはTPUバージョンの情報はありませんが、2000TPUで済んだということはTPU v2だったのかもしれませ…

SGFパーサ

Rustでコンピュータ碁に取り組むプロジェクト「きり」、ちょっと地味ですが初めての成果公開します。 SGFパーサを作ってcrate.ioに公開しました。 レポジトリは y-ich/rust-sgf: Smart Game Format parser in Rust rust-pegを使って書きました。

GoGui付属のツール

コンピュータ碁の開発者の多くが、GoGuiをUIや開発ツールとして利用しているようです。 GoGuiにはコンピュータ碁の開発開発用ツール(スクリプト)が付属されているので、どんなものがあるかメモってみました。 http://gogui.sourceforge.net/doc/tools.html g…

オープンソースのコンピュータ囲碁

昔オープンソースのコンピュータ囲碁にどんなものがあるのか調査したメモを公開します。 他にご存知の方、教えてください。 Rn URL: https://github.com/zakki/Ray/ 言語: 限りなくCなC++ ライセンス: BSD コメント: RayにDeep Learningを追加したもの。活発…

kombiloをMacで使う

kombiloは検索時の領域指定にマウスの右ボタンを押しながらドラッグという操作を要求します。 私はMacでMagic Trackpadを使っているのでこの操作はできません。 そんなユーザーのためのオプションも用意されていました。 kombiloを初めて起動して終了すると…

kombiloをOS Xにインストールする

kombiloは棋譜データベースプログラムです。以下からソースをダウンロードできます。 http://www.u-go.net/kombilo/ cd kombilo sudo easy_install configobj setuptools pyttk pip brew install boost brew tap homebrew/science brew install pmw export P…

珍瓏を解くウェブアプリ

珍瓏というのは元々は詰碁を示す昔の中国語でしたが、近年では盤全体を使った詰碁やシチョウ問題を示します。 ここではシチョウ問題という意味で使っています。 コンピュータがシチョウを追いかけて取れるかどうか判定し、その手順を示すアプリを作りました…

Pachiの使い方

1月31日に囲碁電王戦が発表されましたね。2012年から電聖戦という電気通信大学と日本棋院提携でコンピュータ碁の進歩を確認するためのプロ棋士との置き碁戦が始まっていたのですが、やはり、(将棋)電王戦で大きな盛り上がりの実績のあるニコ生が取り組むとな…